FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松本品子の弥生美術館「平田弘史展」準備日誌(VOL.13)

 先生のお仕事場の写真は、ラピュータ発行の画集に掲載予定です。室内のどこを撮影してもいいという、寛大な先生のお言葉に、遠慮なく細部までバシバシ撮影しましたので、こちらもどうぞお楽しみに。
 そうこうしているうちにお昼時となり、またまた奥様の芳子さんの美味しい手料理をご馳走になりました。そして13時。予定通り車が到着し、事前に梱包済みの作品の積載が始まりました。
 すると先生は早速その様子を愛用のカメラで撮影され始めました。そして私もそのお姿を撮影するという、撮影合戦と相成りました。先生はどのような時もすごく絵になる恰好よさなので、シャッターチャンスがいっぱいなのです。
 そういえば私は見逃してしまったのですが、作品を積載中、お庭に雉が飛んできたそうです。私が日常生活で見るのは鳩とか雀、カラスくらいなので、庭に普通に雉が飛んでくるなんてびっくりしました。
 そして先生と奥様が手を振って見送ってくださるなか、一路、東京へ向けて出発! 夕方予定通り無事、美術館に帰館いたしました。(つづく)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。