FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グラフィックデザイナー・小川竜「平田 弘史 先生への想い」Vol.14

 「ハマる」と言う言葉があります。そうです。私は平田先生と平田作品にハマっている者です。ところで何かにハマっている人は、他者から羨ましく思われるか無視されるかの、どちらかではないでしょうか。
 私の職場の仲間は、社長をはじめ、みんな漫画が好きで、いま受けている漫画がよく話題になります。
 そこで私は彼らに大好きな平田先生の話をし、「黒田三十六計」を見せました。きっと彼らは驚嘆して己の不明を恥じるものと思っていたところ、なんと「猫に小判」「犬に論語」「馬の耳に念仏」の反応でした。
 むしろ彼らは、「AKB48」にハマっている秋葉の若者たち(オタクたち)と同列に私を平田作品にハマっているオタクとして扱ったのです。
 日本人は、どちらかといえば価値観は共有している民族と言われますが、同じ日本人でも私と彼らはこれほども違うのです。
 価値観の違う人に自分の価値観を説明するぐらい無駄なことはありません。creative workに従事している方は、きっと「平田先生にハマっている」私を理解してくれると信じます。
 だからこそ、「ともかく極上の物を創りたい」と日々奮闘している方々にこそ平田先生の作品を一度は見て頂きたいのです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。