FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松本品子の弥生美術館「平田弘史展」準備日誌(VOL.18)

 ポスター&チラシに選んだ「信長絵巻 桶狭間出陣」の原画は実は失われているのですが、展覧会タイトルのイメージにぴったりなので、どうしても使いたいと思い選んだのでした。
 展覧会タイトルは「超絶入魂!時代劇画の神 平田弘史に刮目せよ!」です。タイトル選びはものすごく重要で、広報では文字情報のみの掲載もあるので、何も予備知識がない方がタイトルだけ見ても興味を持っていただけるようなものが望ましいのです。
 昨今の美術館・博物館では、キャッチ―なタイトルを数多く目にするようになりました。いかにも狙った大げさなタイトルは恥ずかしいけれど、的を得た何かグッとくるものをつけたい、と毎回色々考えます。
 今回使用した「括目せよ!」は、展覧会タイトルにいつか使いたかったフレーズで、平田展のタイトルは、短時間であまり迷わずに決めることができました。
 タイトルが決まると、展示構成のイメージもどんどん沸いてきます。(つづく)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。