FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

綿引勝美の平田弘史先生回想記(Vol.2)

平田劇画で語る日本史

 平田弘史の時代劇画で、日本の歴史が語れないだろうか。そんなコンセプトでまとめたのが2009年に刊行した『黒船往来 大いなる勝負』(小池書院)。1962年「魔像」(日の丸文庫)49号に発表されたものの復刻だ。薩英戦争の遠因となる生麦事件で、英人を殺傷した有村武次郎とその竹馬の友・海野喜兵衛の大いなる勝負が描かれる。攘夷と開国、日本の将来を賭けた大勝負だったが……。
 帯で「平田弘史が描く幕末騒乱!!」とあおった。約150年前に起きた歴史的事実を知って欲しくて、生麦事件の現場写真、英・米・仏・蘭の四国連合艦隊に占拠された馬関(下関)砲台の写真、さらに解説記事を合わせて載せた。また、生麦事件の実体を知ろうと、綱淵謙錠の『幕末風塵録』、『幕末に生きる』を読んだが、わずかな資料のみで幕末の大事件を描き切った平田劇画を歴史的にトレースしていく作業は実に楽しいものだった。機会があればさらに挑戦したいと考えている。歴史的事実を題材にした平田作品はまだいくつもあるからだ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。